女性プログラマのためのキャリアアップ講座

女性プログラマがフリーエンジニアになるなら活用したい「レバテックフリーランス」

フリーエンジニアに特化した「レバテックフリーランス」

フリーエンジニアに特化した「レバテックフリーランス」

今やインターネットに誰でも気軽にアクセス出来るという利便性を武器に、これをビジネスチャンスにしようと各企業が乗り出しています。そのため既存のシステムの運用・保守に関してはもちろんのこと、新規Webサービスの開発などの案件が急増しており、ITエンジニアの人手不足は解消する兆しが見えません。IT業界といえば、比較的労働人口の流動性が高いのですが、転職市場が活況を呈すると共に、フリーランス向けの案件も増えています。これはクラウドソーシングなどを通じて、フリーランスがクライアントを簡単に見つけることが出来るような環境が整いつつあることも、大いに影響しています。

LINEで送る

営業はレバテックフリーランスがサポート

フリーランスは、基本的に自分ですべてをこなす必要があり、営業から報酬の交渉から、税務申告や雑用もすべて自分がしなければならず、ともすれば仕事に集中出来ないと悩む人も少なくないのです。特にエンジニアの場合には、実力は高くても営業が苦手で思うように案件を受注出来なかったり、仕事を受注しても金銭交渉が下手で足元を見られたり、口約束で済ませてしまって後々トラブルを招いたりといったように、気苦労は絶えません。また経営者の主な仕事は資金繰りと言われますが、限られたクライアントとだけ付き合っていれば収入も安定するように見えて、実はその関係が切れればたちまち収入がなくなってしまうリスクがありますし、かといって営業にばかり出ていては、仕事をする時間がありません。そこで何かと面倒な営業に関しては、「レバテックフリーランス」を活用するのです。フリーランスとクライアントとをつなぐエージェントは数々ありますが、営業面をしっかりサポートしてくれ、なおかつ高単価案件を多数持っているエージェントはレバテックフリーランス以外考えられません。

レバテックフリーランスはフリーエンジニアに特化

フリーエンジニアの場合、一般的なビジネスモデルであれば立場が非常に弱く、下請けの孫請けやひ孫請けのような位置で受注することも少なくなく、その分中間搾取が横行しており、フリーランスのメリットを目減りさせてしまうのが現状です。

レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
しかしこの「レバテックフリーランス」であれば、クライアントとフリーランスとの間に入るのは基本的に1社だけであるため、その分フリーランスが受け取ることが出来る報酬も高くなるのです。

もちろんフリーランスの中には、介護中や育児中で思うように仕事に時間を割くことが出来ない女性も増えていますが、そのような個々の状況に応じて仕事の受注を柔軟に増減出来ることは、社会の中に埋もれている能力を活用するという点でも大変意義深いものといえるでしょう。

キャリアアップしたい女性プログラマーに人気の記事

Page Top

Copyright © 2015 女性プログラマのためのキャリアアップ講座 All Rights Reserved.